ログブック

【ログブック】IHI原動機の村角敬社長

「アンモニアに対してはIHIグループとして昔から燃焼特性など基礎研究を進めていました。今回ディーゼルエンジンとの親和性が高いことも分かり、使いやすい燃料と感じています」とIHI原動続き

【ログブック】マーク・ハチソン/フォーテスキュー・エナジーCEO

豪州資源大手フォーテスキューのウェブ会見に、同社のグリーンビジネスを担うフォーテスキュー・エナジー社のマーク・ハチソンCEOが出席した。同氏は「当社では昨年のCOP28で世界初のグ続き

【ログブック】木下茂樹・日本舶用工業会会長

日本中小型造船工業会と日本舶用工業会の新年挨拶会で、冒頭あいさつに立った日舶工の木下茂樹会長。業界の課題である人材の確保・育成に向けた活動について、「社会人向けの事業を充実して魅力続き

【ログブック】小泉進次郎・衆議院議員

「横須賀港関係の皆さまが集まる賀詞交歓会に来賓としてお招きいただいたのは初めてです。横須賀の港湾機能の強化と、働きやすい港湾をつくっていく上で、今まで以上に国との調整や関係強化が大続き

【ログブック】津野泰明・NYKバルクシップ(アトランティック)マネージング・ダイレクター

日本郵船はこのほどギリシャでドライバルク安全実務者会議を開催。ギリシャ船主らを招きドライバルク分野の安全活動方針や事故事例などの情報共有を行った。会議の最後に登壇したNYKバルクシ続き

【ログブック】赤池誠章・参議院議員

日本造船業や舶用機器メーカーで人材確保・育成が課題となる中「設備投資や技術革新、DXなどさまざまな取り組みを進めていますが、根幹はやはり人です」と話す赤池誠章参議院議員。「われわれ続き

【ログブック】海谷厚志・国土交通省海事局長

国土交通省の海谷厚志海事局長は能登半島地震の被災地支援について、「輪島港と飯田港に継続して入港し、灯油・軽油・シャワールームなどの支援物資を輪島市と珠洲市に輸送しています」と説明し続き

【ログブック】郡司行敏・宮崎カーフェリー社長

2024年問題が目前に迫る中、宮崎カーフェリーの郡司行敏社長は「トラックドライバーだけの問題ではなく、物流業界全体で解決策を考えなければならないと感じます」と話す。本社を置く宮崎県続き

【ログブック】乾康之・乾汽船社長

乾汽船は週めくりカレンダー「あきんどカルタ」を作成し、取引先などに贈呈した。『いつだって3%と1/3』といったビジネスマンの心得をカルタ形式で毎週掲載。ベースは乾康之社長が社内向け続き

【ログブック】小原直・リスカジャパン社長

昨年末にリスカジャパンの代表となった小原直社長。座右の銘を聞くと、“継続は力なり”と“一事が万事”との答え。「“継続は力なり”については、何事も一朝一夕で出来るものではないという考続き

【ログブック】川島健・ジャパンエンジンコーポレーション社長

アンモニア燃料船の建造が決まったが、主機エンジンの開発・製造を担当するのはジャパンエンジンコーポレーション。川島健社長は本エンジンの競争力として「海外ブランドに対抗して国際競争に打続き

【ログブック】曽我貴也・日本郵船社長

他企業との連携プロジェクトでアンモニア燃料アンモニア輸送船の建造を決めた日本郵船。曽我貴也社長は「コンソーシアムの尽力で船はできてきます。安全性の担保、ナビゲーションの優位性も含め続き

【ログブック】松本太郎・廿日市市長

日本港湾協会が主催する「ポート・オブ・ザ・イヤー2023」に広島県の厳島港が選出された。廿日市市の松本太郎市長は「厳島港は世界遺産宮島の玄関口で、年間船舶乗降人員数は15年連続で国続き

【ログブック】森智広・四日市市長

四日市港利用促進協議会が大阪市内でポートセミナーを開催した。懇親会で乾杯の音頭をとることになった同協議会名誉会長の森智広四日市市長が壇上にあがると、「今日は四日市にとって特別な日で続き

【ログブック】杉本治彦・川崎汽船執行役員

担当する自動車船部門の今年の課題について、船腹需給逼迫への対応、紅海情勢などを踏まえた航行安全確保、BCPの徹底などを挙げた川崎汽船の杉本治彦執行役員。個人の抱負については、長年の続き

【ログブック】長嶋弘幸・三貴海運代表取締役

「紅海周辺では商船を狙った攻撃が起きています。紅海が通りにくくなったことで、喜望峰経由の迂回航路を取らざるを得ず、トンマイルの船腹需要増加に繋がってきています」と話す、三貴海運の長続き

【ログブック】前田明徳・日本シップヤード社長

日本海事産業が共同で取り組むアンモニア燃料アンモニア船の建造が決まった。設計や開発を担当する日本シップヤードの前田明徳社長は「安全運航・安全輸送を実現する船舶を開発すること、そして続き

【ログブック】久保昌三・日本港運協会会長

「港の繁栄と発展は多くの船が入り、荷量が増えてこそです。港運業界も目まぐるしく変化する世界の経済・海運の動きを注視していかなければなりません」と話すのは日本港運協会の久保昌三会長。続き

【ログブック】渡邉貢治・長崎マリンサービス顧問

「ASEANでは、いまだに100総トン以下の木造の漁船が主力です」と語るのは、漁船を主力としてきた渡辺造船所(現ふくおか渡辺造船所)元社長で長崎マリンサービス顧問の渡邉貢治氏。日本続き

【ログブック】ロイス・ザブロッキー/インターナショナル・シーウェイズ社長兼CEO

LNG燃料レディのLRⅠ型プロダクト船4隻を発注しているタンカー船社のインターナショナル・シーウェイズ。ロイス・ザブロッキー社長兼CEOはレトロフィットの方針について「環境規制が厳続き