2024年4月15日

《連載》船主業の未来、宮崎産業海運・宮﨑社長に聞く、「自主管理は絶対に捨てない」

 大分県津久見市に本拠を構える宮崎産業海運は、自主管理によるTC(定期用船)ビジネスにこだわる。宮﨑昇一郎社長は生き残りに必要なのは船舶管理能力とした上で、「自主管理は絶対に捨てな続き

2024年4月15日

商船三井グループ、LNG燃料フェリー3隻目進水、大洗/苫小牧航路

 商船三井とグループ会社の商船三井さんふらわあは11日、内海造船で建造中のLNG燃料フェリー2隻のうち、1番船の命名・進水式を開催したと発表した。同船は“さんふらわあ かむい”と名続き

2024年4月15日

<ニッキン提供記事>神田財務官、「足元の動きは急」、一時153円台の円安進行で

 財務省の神田真人財務官は4月11日、ニューヨークの外国為替市場で円相場が一時1ドル=153円台まで円安が進行したことについて、「足元の動きは急であり、行き過ぎた動きには、あらゆる続き

2024年4月15日

JSIアライアンス、日揮のイラク向け輸送案件完了

 JSIアライアンスはこのほど、モジュール9個の積み下ろしを行い、日揮のイラク・バスラ製油所の隣接施設向け輸送プロジェクトを完了したと発表した。同案件ではインド、中国、タイ、韓国の続き

2024年4月15日

郵船、「ボランティア・ポイント」で寄付

 日本郵船は社会課題解決に向けたグループ会社社員による「YUSENボランティア・ポイント」制度に基づき、10日に2023年分として環境保全や途上国支援の分野で支援活動を実施する2団続き

2024年4月15日

日米、浮体式洋上風力分野で協力へ

 日本と米国は浮体式洋上風力分野で協力する。岸田文雄首相とジョセフ・バイデン米大統領が10日に発表した日米首脳共同声明「未来のためのグローバル・パートナー」で表明した。米政府が主導続き

2024年4月12日

《連載》船主税務の解説①、外航船主に対する事業承継税制の適用限界、税理士法人タクトコンサルティング 税理士 杉山正義氏

 この連載では、複雑で専門性が高い船主業の税務について、同分野を長年手掛ける税理士法人タクトコンサルティング(東京都千代田区)の杉山正義税理士が解説する。第1回のテーマは船主の事業続き

2024年4月12日

ロイド船級、日英両国の自律運航取り組み支援、ワークショップ経て

 ロイド船級協会(LR)はこのほど、日本と英国の海事産業関係者などが参加して行われたワークショップの議論などに基づき、両国の自律運航船実現へ取り組みの支援を加速すると発表した。同ワ続き

2024年4月11日

インマルサット、サイバーリスク対応関連サービス強化、ツール提供などで

 英船陸通信大手インマルサットが船舶のサイバーリスク評価を行うことができるアプリケーション「フリートセキュア」など、船舶のサイバーセキュリティ向上に向けたサービス展開を強化している続き

2024年4月11日

ノルウェー大使館、都内でセミナー、脱炭素化やDXに関する講演など

 ノルウェー大使館は9日、都内でセミナー「グリーンマリタイムトランジションに向けたEXとDX」を開催した。同セミナーには日本とノルウェーの海事関係者も多数参加。海事産業の脱炭素化や続き

2024年4月11日

商船三井グループ出資のモテナシー社、水素ハイブリッド旅客船営業開始

 商船三井は10日、商船三井テクノトレードが出資するMOTENA-Sea(モテナシー)社が本瓦造船で建造した、水素とバイオディーゼルで走るハイブリッド旅客船“HANARIA”が福岡続き

2024年4月11日

飯野海運、日本格付研究所の格付引き上げ

 飯野海運は10日、同社が日本格付研究所(JCR)から取得している格付が同日付で従来の「BBB+」から「A−」に引き上げられたと発表した。格付の見通しは「ポジティブ」から「安定的」続き

2024年4月11日

郵船、環境・脱炭素移行債の発行条件決定

 日本郵船は、4月1日に発表した第47回無担保社債(トランジションボンド)と第48回無担保社債(グリーンボンド)の発行条件を決定した。発行額・年限・利率はトランジションボンドが15続き

2024年4月11日

宮崎カーフェリー、中古EV乗船休止

 宮崎カーフェリーは9日、中古電気自動車(EV)の無人航送と水素燃料電池自動車の乗船を5月から一時休止すると発表した。  有人のEV、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車は従続き

2024年4月10日

《連載》商船三井グループの比国船員・船舶管理<下>、船舶管理会社MMSM、比国人SIがバルカー20隻超を管理、新技術船に対応

 商船三井はフィリピンが主要な船員配乗拠点となる中で、2006年にマニラで船舶管理を開始した。まずは船員配乗会社マグサイサイ・MOL・マリン(MMM)内に船舶管理部門を立ち上げ、そ続き

2024年4月10日

<ニッキン提供記事>植田日銀1年、市場へ響く正常化の号砲、総力戦で「衝撃与えず」

 日本銀行の植田和男総裁が就任して4月9日で1年が経った。金融政策の考え方や運営スタンスを市場へ段階的に織り込ませる手法で、マイナス金利政策の解除やイールドカーブ・コントロール(長続き

2024年4月10日

大王海運、千葉営業所の新社屋完成、関東地区の営業強化へ

 大王海運は8日、同社千葉営業所(千葉市中央区)を建て替え、11日から営業開始すると発表した。同日に竣工式も執り行う。  千葉営業所は同社が運航するRORO船の寄港地の営業所のう続き

2024年4月10日

キプロス、拠点設置や船籍のメリットなど解説、ビジネスフォーラム開催

 キプロス共和国は9日、都内で日本の海事産業関係者に向けたビジネスフォーラムを開催した。フォーラムでは、キプロス経済、キプロス海運拠点の利点、また欧州の新興技術拠点としてのキプロス続き

2024年4月10日

商船三井、外国人実習生・調理人が来日、東急ホテルズと提携の第一陣

 商船三井と東急ホテルズ&リゾーツによる外国人人材の採用に関する提携の下、外国人技能実習生・調理人の第一陣がこのほど来日した。9日に両社が共同発表した。技能実習生はホテルで接客業務続き

2024年4月10日

東洋建設、吊荷上下動低減装置を開発、クレーン船の稼働率向上

 東洋建設は8日、三井造船昭島研究所とSKKと共同で、大型海上クレーンに対応した吊荷上下動低減装置「AHC−RMP」を開発したと発表した。国土交通省海事局の2019年度海洋資源開発続き