2022年8月15日

小型船はメタノール燃料有望視、燃料転換でLNGより導入容易、バイオ燃料活用の道も

 内航船やケミカル船といった小型船型で、将来のカーボンニュートラル化に向けたブリッジ燃料としてメタノールを有望視する声が増えている。LNG燃料は小型船型の場合、船内スペースや船価の続き

2022年8月15日

国船協・井上会長に聞く、外国人船員協約の次期交渉へ準備、今期の課題

 国際船員労務協会(国船協、IMMAJ)の井上登志仁会長は本紙インタビューで、今期の重点テーマとして、外国人船員の教育訓練事業への継続的な取り組みと、便宜置籍船(FOC船)に乗り組続き

2022年8月15日

国土交通省、海賊多発海域の特定警備対象拡大、改正へパブコメ開始

 アデン湾等の海賊多発海域における特定警備(民間武装警備員の乗船による警備)が実施可能な日本船舶の対象が拡大する。国土交通省はこのほど、海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特続き

2022年8月15日

西村経産相、サハリン1・2の権益維持、10月以降も原油価格抑制へ適切に対応

 第2次岸田改造内閣が10日発足した。同日夜には新閣僚が就任後初の記者会見やコメントの発表を行った。西村康稔経済産業相は、就任後初の会見で、「まず、現下の物価高騰への対応や、安定・続き

2022年8月15日

B&G財団、児童養護施設の中高生に海事教育

 ブルー・アンド・グリーンランド財団(B&G財団)は10日、東京と神奈川の児童養護施設に入所する中高生10人を招待し、2泊3日の「B&Gキャリア教育セミナー」を開催したと発表した。続き

2022年8月12日

伊藤忠商事、保有船倍増を視野に拡大へ、安定収益基盤構築、川﨑部長に聞く

 伊藤忠商事はここ数年、中古船の買船で保有船事業を拡大しており、今後も保有船事業を伸ばしていく方針だ。一般保有船の船隊規模を現在の50隻弱から、将来的に倍の隻数を視野に入れて拡大を続き

2022年8月12日

《連載》シップブローカー座談会<売買船マーケット編>③、バルカー・タンカーともに当面堅調

 ― 中古船の買い手の顔ぶれや動向に変化はあるか。
 加納「ここ数年で言えば、中国バイヤーのパフォーマンスが非常に良くなっていると感じる。日本人のことを非常に信用して続き

2022年8月12日

《連載》内航キーマン・インタビュー⑦、鈴与海運/鈴木英二郎社長、輸送効率化へ来年大型船投入無料

 鈴与海運は来年、同社としては過去最大船型となる2500トン型(400TEU積み)の内航コンテナ船を投入する。外貿コンテナ航路の母船集約化が進むなか、より大型船を投入して輸送効率の続き

2022年8月12日

国交省、省エネ内航船実証事業、日本海洋科学らのセメント船開発採択

 国土交通省は10日、経済産業省とともに実施する「内航船の革新的運航効率化実証事業(標準的省エネルギー船舶開発調査)」で、日本海洋科学、東海運、アジアパシフィックマリンによる「標準続き

2022年8月12日

ウェザーニューズら4社、海氷情報を活用した船舶運航支援、共同実証開始

 ウェザーニューズらは9日、海氷情報を活用した船舶運航支援サービス創出に向け、共同実証を開始したと発表した。ウェザーニューズ、QPS研究所、九州電力、九州電力グループの九州ビジネス続き

2022年8月12日

日本船主協会、次期海洋基本計画に向け要望整理

 日本船主協会は9日、次期計画となる第4期「海洋基本計画」について、検討チーム設置の上、海運業界が求めたい政策を整理したと発表した。外航・内航海運を取り巻く現在の状況を踏まえ、海運続き

2022年8月12日

第2次岸田改造内閣、斉藤国交相は留任

 岸田文雄首相は10日、内閣改造を行った。新たに発足した第2次岸田改造内閣では、斉藤鉄夫国土交通相は留任した。防災・海洋政策を担当する内閣府特命大臣には谷公一衆院議員が就任した。谷続き

2022年8月10日

《連載》海運とインフレ⑩、邦船、燃料油高の影響軽微に、BAF浸透、最適運航も効果

 邦船社の業績に与える燃料油高の影響がかつてより軽微になっている。BAF(燃料油価格調整金)が付いている輸送契約が増えている上、各社の業績好調でコスト高の吸収余力も大きい。デリバテ続き

2022年8月10日

《連載》シップブローカー座談会<売買船マーケット編>②、海外勢の中古船購入意欲旺盛

 ― 海外勢を中心とする中古船の買い手側の現状は。
 中條「国際海事展のポシドニアが終わってから、ギリシャのシップブローカーが頻繁に日本に来るようになった。コロナ下の続き

2022年8月10日

東急不動産、洋上風力と漁業協調で協定書、北海道松前町で

 東急不動産は5日、北海道松前町と松前さくら漁業組合と「洋上風力発電と漁業の協調に係る協定書」を締結したと発表した。松前町沖合は洋上風力発電の一定の準備段階にある海域として整備され続き

2022年8月10日

ジャンボフェリー、10月22日に“あおい”就航、32年ぶりの新造船

 ジャンボフェリー(本社=神戸市、山神正義社長)は9日、新造フェリー“あおい”(約5200総トン)が10月22日に神戸/小豆島/高松航路に就航すると発表した。同船は内海造船瀬戸田工続き

2022年8月10日

日本郵船、“魁”をアンモニア燃料仕様に、京浜ドックで改造

 日本郵船は9日、LNG燃料タグボート“魁”をアンモニア燃料仕様に改造すると発表した。改造工事契約を同社グループの京浜ドックと締結した。同タグボートは郵船グループの新日本海洋社が東続き

2022年8月10日

SBIリーシング、自社船事業に進出、MOLケミカルタンカー向け2隻保有

 SBIグループのSBIリーシングサービス(東京都港区、久保田光男社長)は9日、同社初の自社保有船として2万5000重量トン型ステンレスケミカルタンカー2隻(いずれも2020年北日続き

2022年8月10日

商船三井、ESG指数の構成銘柄に継続選定

 商船三井は9日、ESG投資指数「FTSE4Good Index」と「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄にそれぞれ20年連続、6年連続で採用されたと発表し続き

2022年8月10日

川崎汽船、自動カイトシステムの動画公開

 川崎汽船は9日、同社船に搭載計画を進めている自動カイトシステム「Seawing(シーウィング)」の動画をYouTubeチャンネル(続き