2024年2月14日

栗林商船・4〜12月期、経常益24%減、荷動き停滞

 栗林商船が9日発表した2023年4〜12月期決算は、経常利益が前年同期比24%減の19億2400万円だった。RORO船の北海道定期航路で商品車両輸送が大幅に増加したものの、紙製品続き

2024年2月14日

日本郵船グループ、風力発電展に出展

 日本郵船とグループ会社のNYKバルク・プロジェクト、日本海洋科学、郵船ロジスティクスは28日から3月1日に東京ビッグサイトで開催される「第13回WIND EXPO春2024 〜[続き

2024年2月14日

川崎汽船、中計進捗やCCSの取り組みなど動画公開

 川崎汽船は13日、グループ社員向けの動画コミュニケーションサイト“K”Line Withに掲載している中期経営計画の進捗と2023年度第3四半期決算説明の続き

2024年2月14日

日本郵船グループ、西尾市に150万円寄付

 日本郵船は13日、同グループの旭運輸とともに愛知県佐久島の環境保全を目的として、西尾市へそれぞれ100万円と50万円の寄付を決定し、9日に西尾市役所で贈呈式が行われたと発表した。続き

2024年2月14日

ノーススタンダード、ECDIS関連ツール開発

 英国のP&Iクラブ大手、ノーススタンダードはこのほど、ECDIS訓練評価プラットフォームを開発したと発表した。多肢選択式の評価により、ECDISに対応したスキルの弱点や格差を特定続き

2024年2月14日

東海汽船、能登半島地震で寄付

 東海汽船は8日、能登半島地震の復興支援を目的に126万3282円を日本赤十字社を通じて寄付すると発表した。金額の内訳は東海汽船が100万円、グループ役職員と利用客による寄付が26続き

2024年2月13日

《連載》海事分野の弁護士⑥、臼井総合法律事務所、海事・製造物責任など軸に幅広い経験

 臼井総合法律事務所(東京都千代田区平河町)は臼井義眞弁護士(写真)が2003年に設立し、現在は次男で昨年ニューヨーク州の弁護士試験に合格した臼井英城弁護士と2人で海事から一般企業続き

2024年2月13日

NEDOのGI基金、浮体式洋上風力実証の公募開始、5月に交付先決定

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は9日、グリーンイノベーション(GI)基金で実施する「洋上風力発電の低コスト化プロジェクト」について、フェーズ2となる浮体式洋上風力続き

2024年2月13日

コスタマーレの23年通期業績、純利益31%減の3.8億ドル

 ニューヨーク証券取引所に上場するギリシャ系船主コスタマーレの2023年通期業績は、売上高が前年比38%増の15億249万ドル、営業利益が29%減の4億6801万ドル、純利益が31続き

2024年2月13日

国交省、「クルーズdeツナグ・プロジェクト」を開始、官民クルーズ関係者らが連携

 国土交通省は8日、全国の官民クルーズ関係者が連携する「クルーズdeツナグ・プロジェクト」の開始を発表した。全国145の港湾管理者・自治体により構成される全国クルーズ活性化会議が主続き

2024年2月13日

JRTT、東幸海運を表彰

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)は8日、東幸海運に対して、2023年度の船舶関係事業者表彰を実施したと発表した。同社は昨年2月に3946総トン型油槽船“ひかる”を共有船続き

2024年2月13日

商船三井、持続可能性情報媒体を発行

 商船三井は9日、「Sustainability Fact Book」を発行したと発表した。ステークホルダーに対し、同社グループのサステナビリティ情報を包括的に紹介する媒体で、サス続き

2024年2月13日

CIP、浮体式洋上風力で成東造船と覚書

 コペンハーゲン・インフラストラクチャー・パートナーズ(CIP)と韓国のHSG成東造船はこのほど、洋上風力の浮体式基礎について覚書を締結したと発表した。  覚書に基づき、韓国沖で続き

2024年2月13日

国交省、クルーズ受入高度化などで公募

 国土交通省港湾局は8日、2024年度1回目となる「国際クルーズ旅客受入機能高度化事業」と「クルーズ等訪日旅客の受入促進事業」の公募を開始した。両事業とも、公募締め切りは2月27日続き

2024年2月13日

神戸監理部、安全研修を動画配信

 国土交通省神戸運輸監理部は、旅客船や内航海運事業者の運輸安全マネジメント体制および運航管理体制の充実を図ることを目的に、安全運航に必要な専門知識習得のため「安全統括管理者・運航管続き

2024年2月9日

《シリーズ》海外船社、模索する未来図、ALグループ ニコラス・ブンネマンMP/フリードリッヒ・ブンネマンMP、今後も有望船種見極め投資継続

 1857年に設立のドイツ船主ALグループは、持株会社ALキャピタル・ホールディングの傘下としてシンガポールに本社を置くアジアティック・ロイド・マリタイムとドイツ・ハンブルクに本社続き

2024年2月9日

海上交通システム研、自動運航船と航海計器の最新動向を紹介、古野電気研究棟で開催

 海事関係者による海上交通システム研究会(MTS、長谷川和彦会長)は6日、第148回会合を兵庫県西宮市の古野電気新研究開発棟(SOUTH WING)で開催した。「自動運航船と航海計続き

2024年2月9日

グリッド、最適航路提案ツールが完成、到着時間・燃料費を見える化

 社会インフラの計画業務を支援するグリッドは8日、外航船・内航船の最適航路を提案するツール「ルートファインダー」の開発を完了したと発表した。船の到着時間と燃料コストを算出して示し、続き

2024年2月9日

商船三井さんふらわあ、乗客向けにスターリンク試用、長距離フェリーで初

 商船三井さんふらわあは6日、大阪/志布志航路に就航している“さんふらわあ さつま”で衛星通信サービス「スターリンクビジネス(Starlink Business)」を乗客向けに提供続き

2024年2月9日

商船三井、S&P社のサステナ評価で継続選定

 商船三井は8日、企業のサステナビリティ分野の調査・評価を行う米S&Pグローバル社が発行する「サステナビリティ・イヤーブック2024」で、昨年に引き続き「イヤーブック・メンバー」に続き