1. 別冊特集号

2022年9月26日

シンガポール2022

アジアの海事センターであるシンガポールはその地位をゆるぎないものとしている。攻めの事業展開に転じる日本の海運各社がアジア展開を進めるための戦略拠点として、その役割はますます高まる。…続き

2022年8月30日

【別冊特集】洋上風力発電、バリューチェーンを攻略

洋上風力公募、審査基準見直し再開へ
運転開始時期重視と落札制限導入

日本郵船、オペレーション準備着々
◎インタビュー 中村…続き

2022年8月5日

地方港縦断2022

 今年度の地方港特集は、日本の地方港を活用する大手荷主のコロナ対応を特集した。これに加え、外貿コンテナ航路が定期寄港する全国の港の最新動静と、インセンティブやサービス表、取扱量など…続き

2022年3月25日

修繕ドックガイドブック2022

バラスト水処理装置の搭載期限を迎える船舶がピークを迎えることに加え、EEXI(既存船燃費規制)に適合させるための改造(レトロフィット)工事の期限も年内にせまる中、修繕ドックは今年こ…続き

2022年3月15日

海事産業の洋上風力発電、「海」の知見を生かし切れ!

<洋上風力特集>
海事産業の洋上風力発電、「海」の知見を生かし切れ!

■三菱商事、第1弾の全3事業落札、欧州の実績と総合商社のネットワー…続き

2021年12月17日

ブレークバルク・重量物輸送特集2021

コンテナ船・バルカー市況高騰が波及
風力関連引き続き拡大、石油・ガス分野も復調強まる

 2021年の在来船・重量物輸送部門は引き続きコロ…続き

2021年10月28日

バラスト水処理装置ガイドブック2021

バラスト水管理条約が発効して4年が経過した。現存船へのバラスト水処理装置(BWMS)の搭載工事が続いており、来年ピークを迎えるとみられている。搭載機器については、改正G8への適合や…続き

2021年9月29日

シンガポール2021

邦船オペレーターが世界の海事都市であるシンガポールに進出して20年ほどが経過した。政府による海事産業への手厚いサポートをはじめ、物価上昇に伴うコスト高という課題を上回る利点を提供し…続き

2021年3月19日

修繕ドックガイドブック2021

就航船にバラスト水処理装置と硫黄酸化物(SOx)スクラバーを搭載するための改造工事(レトロフィット)が、2019年から本格化して、修繕ドックが繁忙を迎えている。バラスト水処理装置の…続き

2020年12月18日

ブレークバルク・重量物輸送特集2020

 世界を覆った新型コロナウイルス禍は、ブレークバルク・重量物輸送業界にもダメージを与えた。原油価格暴落によって石油・ガス関連のプロジェクトの延期が相次いだことで、2021年とみられ…続き

2020年9月30日

シンガポール2020

世界最大の海事センターであるシンガポールには、海上輸送に欠かせないさまざまなサービスを提供する企業群が存在する。バンカー(船舶燃料)関連の企業や船用品、船舶管理会社などにフォーカス…続き

2020年8月28日

バラスト水処理装置ガイドブック2020

 バラスト水管理条約が発効して3年。バラスト水処理装置(BWMS)の搭載工事が今後ピークを迎える見込みで、修繕ヤードのひっ迫が伝えられている。BWMS各機器の運用状況も明らかになっ…続き

2020年3月27日

Innovation JAPAN 2020

環境規制への対応とデジタライゼーションで、世界の海事産業は変革期にある。日本の船主や造船所、舶用メーカーも、生き残りをかけて産業構造の転換に挑んでいる。業界が直面している技術トピッ…続き

2019年12月13日

ブレークバルク・重量物輸送特集2019

 2019年のブレークバルク・重量物輸送のマーケットは、厳しい状況が続いた18年までと運賃水準・荷量ともに大きく変わらなかった。ただ、風量発電関連をはじめとする新規貨物の増加傾向が…続き

2019年10月16日

シンガポール2019

世界最大の海事センターであるシンガポールは、また物流分野においても世界的なハブとして機能している。コンテナターミナルでは大手船社との連携を深め、ハブ拠点としての地位を強化。同時にI…続き

2018年12月7日

ブレークバルク・重量物輸送特集 マーケット回復へ確かな手応え

ブレークバルク・重量物輸送事業は長い不況のトンネルの中にあり、今年も厳しい状況が続いた。ただ、原油価格上昇による石油・ガス関連プロジェクト貨物の活発化や再生可能エネルギー関連の新規…続き

2018年11月28日

修繕ドックガイドブック2018-2019

世界の修繕ドックに、大きなうねりが押し寄せている。就航船にバラスト 水処理装置と硫黄酸化物(SOx)スクラバーを搭載するための改造工事(レ トロフィット)が、2019年から本格化す…続き

2018年10月30日

シンガポール2018

世界最大規模の海事センターに急成長したシンガポールだが、世界中の海事関連企業が同国を目指した熱狂的な進出ラッシュは終わった。最近ではコスト高や外国人の採用難などで不満の声も高まる。…続き

2017年12月8日

ブレークバルク・重量物輸送特集

多目的船・重量物船のマーケットは、依然として回復の兆しが見えない。原油価格低迷で石油・ガス関連のプロジェクトが延期・凍結されたままで、輸送契約はほぼ枯渇。厳しい事業環境がしばらく続…続き

2017年10月31日

シンガポール2017

<目次>
■第1特集 挑戦する日本のケミカル船社
シンガポールなくしてケミカル船なし
-MO…続き