2024年5月15日船主税務の解説

《連載》船主税務の解説④
外航船主業のJVスキーム<1>
税理士法人タクトコンサルティング 税理士 杉山正義氏

  • X
  • facebook
  • LINE
 複数の事業主や投資家が参加する共同事業(JV)スキームとしては、合弁会社、組合のほか、海外の多様な事業体(リミテッドパートナーシップ、トラストなど)を活用するものも見受けられるが、その税務上の取り扱いにはあまり馴染みのない論点が多い。そこで本稿から、外航船主業のJVスキームの税務上の取り扱いが争点となった事件の中から、実務上参考になると思われる論点をとりあげて解説する。 ■特殊関係...

関連記事

  • カーゴ