海運<コンテナ・物流>

コンテナ船、港湾、国際物流の最新ニュース。

2024年7月8日

国交省港湾局、ウクライナ港湾の復旧で意見交換

 国土交通省港湾局は5日、ウクライナ地方・国土・インフラ発展省やウクライナ港湾公社、国営企業のピブデニー海港とウクライナの港湾の復旧・復興に向けて意見交換を行ったと発表した。先月2続き

2024年7月8日

ONE、韓中/東南アジア航路を改編

 オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)は、韓国・中国/東南アジア航路「KCS2」を改編した。  新たな寄港地・ローテーションは、釜山/仁川/青島/上海/シンガポール/続き

2024年7月8日

愛知県・25年度予算で国に提案、名古屋港や三河港の整備推進要望

 愛知県は2日、「2025年度国の施策・取り組みに対する愛知県からの要請」を公表した。港湾関係では、名古屋港・飛島ふ頭東側R2岸壁の整備をはじめ、三河港や衣浦港の港湾整備推進などを続き

2024年7月8日

大阪港、5月外貿コンテナ、微増の16万TEUと2カ月連続増

 大阪港湾局によると、大阪港の2024年5月分の外貿コンテナ取扱量(空コンテナ含む、最速報値)は、対前年同月比1%増の16万8196TEUだった。2カ月連続のプラス。  内訳は、続き

2024年7月8日

コスコ/GSBN、BC上でグリーン証書を初発行、バイオ燃料利用証明

 コスコシッピングラインズと、貿易物流プラットフォーム(PF)を展開するGSBN(Global Shipping Business Network)は1日、PF上でブロックチェーン続き

2024年7月8日

ICD活用の夜間陸送で効率化、荷主・物流事業者十数社が連携

 「物流の2024年問題」やドライバー不足、主要港の混雑問題への対応が中長期的な課題となる中、荷主や物流事業者など十数社が連合を組み、内陸コンテナ拠点を活用した海上コンテナ陸送の効続き

2024年7月8日

上海港、上期は7.5%増の2550万TEU、通年で5000万TEUペース

 上海国際港務集団(SIPG)が公表する港湾統計によると、世界最大のコンテナ港湾である上海港の今年上半期(1〜6月)のコンテナ取扱量は、前年同期比7.5%増の2551万TEUと過去続き

2024年7月8日

大船渡港セミナー、5年ぶりに開催、コンテナ取扱量過去最高、港勢拡大

 岩手県の大船渡港は4日、都内で5年ぶりにセミナーを開催した。大船渡港物流強化促進協議会が主催し、大船渡市、大船渡港振興協会が共催した。冒頭、大船渡市の渕上清市長(大船渡港物流強化続き

2024年7月8日

SFL、1.7万TEU型5隻を新造発注、LNG二元燃料で28年竣工

 ノルウェー船主ジョン・フレドリクセン氏傘下のSFLコーポレーションは3日、LNG二元燃料対応の1万6800TEU型コンテナ船5隻を新造発注する方針を明らかにした。建造費は約10億続き

2024年7月8日

阪神国際港湾、シアヌークビル港湾公社の株主総会に参加

 阪神国際港湾会社はこのほど、カンボジアのシアヌークビル港湾公社(PAS)の第7回株主総会に杉中洋一副社長執行役員を含む3人が現地参加したことを明らかにした。阪神国際港湾の木戸貴文続き

2024年7月8日

国内59港・外貿コンテナ、23年は3.6%減の1732万TEU、3年ぶりマイナス

 本紙が集計した全国59港の2023年の外貿コンテナ取扱量(速報値、実入り・空コンテナ合計)は、前年比3.6%減の1732万TEUだった。3年ぶりのマイナスとなった。内訳は、輸出が続き

2024年7月8日

大阪港、ヒアリ550個体を確認

 環境省、大阪港湾局などは6月28日、大阪港でヒアリの働きアリ約550個体が確認されたと発表した。環境省が毎年実施している定期的な全国港湾調査で確認された。同25日に調査事業者がコ続き

2024年7月8日

鈴与グループ、物流環境大賞特別賞

 鈴与は3日、日本物流団体連合会が主催する「第25回物流環境大賞」でグループの鈴与カーゴネットとともに特別賞を受賞したと発表した。ASブレーキシステムズや碧南運送とともに取り組んだ続き

2024年7月5日

ハパックロイド・ヤンセンCEO、「紅海情勢シナリオ全てに対応」

 ハパックロイドのロルフ・ハベン・ヤンセンCEOは3日、オンライン記者会見を開催し、コンテナ船市況の見通しと今後の事業方針について説明した。紅海情勢悪化を契機としたコンテナ輸送の混続き

2024年7月5日

北九州港、モーダルシフト補助制度を新設

 北九州市港湾空港局は3日、今年度の北九州港海上貨物補助事業を公表した。今年度は、物流の2024年問題の解決と物流の環境負荷低減を促進するため、陸上輸送から海上輸送への転換を対象と続き

2024年7月5日

金沢港運、東部上屋内に梱包センターを開設

 金沢港運(本社=石川県金沢市、堀岡修次代表取締役社長)は1日、金沢港県営東部上屋内に梱包センターを開設したと発表した。吊り下げ荷重30トンの天井クレーン1基を備える約1000㎡の続き

2024年7月5日

TSラインズ、アジア域内2サービスを改編、「JTK」と「JTK2」

 TSラインズは7月中旬から、アジア域内航路「JTK」および「JTK2」の輸出サービスを改編し、新たなスケジュールでの運航を開始する。2日発表した。「JTK」のベトナム・ハイフォン続き

2024年7月5日

苫小牧埠頭、苫小牧港西港区に危険物倉庫新設、来年竣工予定

 苫小牧埠頭は1日、苫小牧港西港区に危険物倉庫を新設すると発表した。1万2312㎡の敷地面積に定温倉庫1棟、多温度帯倉庫1棟の計2棟を整備し、防爆仕様も施す。今年8月に着工し、来年続き

2024年7月5日

HMM、船上炭素回収実証を開始、2200TEU型船で

 HMMは2日、韓国で初めてコンテナ船における船上炭素回収システム(OCCS)の実証を開始したと発表した。  HMMは昨年4月、サムスン重工業やパナシア、韓国船級などと提携し、O続き

2024年7月5日

SITC、“SITC Minhe”引き渡し

 SITCインターナショナルは1日、韓国の大鮮造船が建造した1023TEU型新造コンテナ船“SITC Minhe”の命名・引き渡し式を釜山で開催したと発表した。式典にはSITCイン続き