1. ニュース

2024年2月7日

栗林商船、故栗林定友氏のお別れの会

 栗林商船は、昨年10月30日に死去した栗林定友相談役(元代表取締役社長・会長)の「お別れの会」を、3月6日に執り行う。日時、会場は次のとおり。 ▼日時=3月6日正午から ▼会続き

2024年2月7日

内航海運活性化セミナー、28日に大阪で

 国土交通省近畿運輸局と神戸運輸監理部は28日、「内航海運活性化セミナー」を大阪市内で開催する。  国交省海事局船員政策課の木坂祐一朗課長補佐が「海上における通信環境の改善に向け続き

2024年2月5日

愛媛銀行・山口FG、3月に海事産業交流会

 「西瀬戸パートナーシップ協定」を結んでシップファイナンスなどで業務提携する愛媛銀行と山口フィナンシャルグループは3月6日、広島市内のホテルで「海事産業交流会2024」を開催する。続き

2024年2月2日

福井県、名古屋で港湾セミナーを開催

 福井県は2月29日、愛知県名古屋市で港湾セミナーを開催する。第1部では福井県名古屋事務所長が登壇するほか、敦賀港の利用メリットについて紹介。第2部では個別相談会も実施する。  続き

2024年2月2日

神戸港の旅客船、フォトコンテスト開催

 神戸港観光船協議会(事務局:国土交通省神戸運輸監理部)は、神戸港の観光船振興を目的に神戸港の5隻の旅客船が連携したフォトコンテストを開催している。「夕陽と夜景・海に浮かぶ宝石箱〜続き

2024年2月2日

宇徳、組織改編

(4月1日) ▼物流事業管理室を物流事業企画室に改称し、業務範囲を拡大する ▼サプライチェーン・ソリューション部を新設する ▼物流ソリューション第一部を物流センター第一部に改続き

2024年2月1日

商船三井、グループ会社社長人事

 商船三井は1月31日、グループ会社の社長会長人事を発表した。各社の臨時株主総会・取締役会で正式決定する。 (4月1日) ▼商船三井さんふらわあ取締役副会長執行役員・退任 赤坂続き

2024年2月1日

海上交通システム研、自動運航船最新動向で講演会

 海事関係者による海上交通システム研究会(MTS)は2月6日、第148回会合を開催する。テーマは「自動運航船と航海計器の最新動向」。今回は古野電気の協力で、西宮本社ショールームを見続き

2024年1月31日

大阪港湾局、3月の大阪湾クルーズの参加者募集

 大阪港湾局は、3月10日に実施する大型フェリーによる「大阪湾クルーズ」の参加者を募集している。使用するのは商船三井さんふらわあが運航する“さんふらわあ くれない&rd続き

2024年1月30日

新来島サノヤス、82型バルカー“Orchid Island”竣工

 新来島サノヤス造船は24日、水島製造所で建造していた8万2000重量トン型バルカー“Orchid Island”(1396番船)を引き渡した。エネルギー効率設計指標(EEDI)規続き

2024年1月30日

今治造船、5800TEU型“CMA CGM Fiordland”竣工

 今治造船は24日、広島工場で建造していた5800TEU型コンテナ船“CMA CGM Fiordland”を引き渡した。  新造船は、5920TEU相当のコンテナ積載能力を持つコ続き

2024年1月29日

中国運輸局、安全・運航管理者に研修会

 国土交通省中国運輸局は30日、旅客船や内航海運事業者の運航管理体制の充実を図るため、「安全統括管理者・運航管理者研修会」を広島で開催する。知床遊覧船事故を踏まえた新しい制度の説明続き

2024年1月29日

商船三井さんふらわあ、就航記念日セール

 商船三井さんふらわあは2月1日、「さんふらわあ就航記念日スーパープライスセール」を実施する。初代“さんふらわあ”が1972年2月1日に名古屋/高知/鹿児島に就航したことを記念して続き

2024年1月26日

住友商事、機構改正

(4月1日) ▼従来の「事業部門」と傘下の「本部」・「部」を廃止し、新たに9つの「グループ」と「Strategic Business Unit 」(SBU)・「ユニット」を設置。続き

2024年1月25日

IoS−OP組織、2月に第2回内航船デジタルセミナー

 シップデータセンター(ShipDC)が事務局を務める会員組織「IoS−OP(Internet of Ships Open Platform)コンソーシアム」は2月14日、内航ミラ続き

2024年1月25日

大阪港、来月22日に世界情勢解説で講演会

 大阪港振興協会と大阪港埠頭会社は2月22日、愛知淑徳大学ビジネス学部の真田幸光教授による特別講演会「2024年 世界と日本考える、経済新聞が伝えない世界情勢の深層〜現代の戦国絵図続き

2024年1月25日

山縣記念財団、寄稿論文など3事業で募集

 山縣記念財団はこのほど、学術研究誌「海事交通研究」第73集への寄稿論文、2024年度の補助金助成申込みの募集を開始した。いずれも締め切りは2月29日。「海事交通研究」は海運とその続き

2024年1月24日

神戸港、来月24日にミニクルーズ&トーク

 神戸観光局と神戸海事広報協会は2月24日、神戸の港や海について楽しみながら学ぶ「神戸港ミニクルーズ&トーク」を開催する。遊覧船“boh boh KOBE”続き

2024年1月24日

船舶品管協、船舶の安全・環境規制対応に関するセミナー

 日本船舶品質管理協会は2月、日本財団の助成事業として、広島と東京で「船舶の安全と環境規制への対応」に関するセミナーを開催する。国土交通省海事局が、「船舶の安全基準に係る最近の動向続き

2024年1月24日

山縣記念財団、「海事交通研究」第72集発行

 山縣記念財団は学術研究誌「海事交通研究」第72集を発行した。収録論文などは次のとおり。 ▼序文=郷古達也・山縣記念財団理事長 <研究論文(査読付き)> ▼「自動運航船の避航続き