2024年6月18日検証円安の功罪

《連載》検証 円安の功罪①
円借入が膨張、新規投資困難に
国内船主、将来の円高リスクを懸念

  • X
  • facebook
  • LINE
 歴史的な円安が海事産業を揺さぶっている。ドル収入が多い海事産業にとって円安は基本的にプラス材料だが、行き過ぎた円安のマイナス面が顕在化してきた。国内船主(船舶オーナー)への影響では、船価高騰に円安が追い打ちをかけ、船主の投資判断が難易度を増している。ドル船価に対して円建てで資金調達すると借入金が巨額になり、将来の円高リスクが高まるからだ。高金利のドル調達では採算が合わないプロジェクトが多...

関連記事

  • カーゴ