2022年12月23日ESG

日本郵船、次期社長に曽我専務
「海事産業再活性化」「ESG経営の実装」など抱負

  • X
  • facebook
  • LINE
 日本郵船は22日、曽我貴也取締役・専務執行役員(1984年入社、63歳)が2023年4月1日付で代表取締役社長に昇格するトップ人事を発表した。長澤仁志社長(1980年入社、64歳)は取締役会長に就任する。内藤忠顕取締役会長(1978年入社、67歳)は3月末で会長職を退き、23年6月の定時株主総会で取締役を退任して特別顧問に就任予定。日本郵船が同日本社で開催した記者会見で、長澤社長は後任に...

関連記事

  • カーゴ