2024年6月14日

利益・投資・資本計画とも順調
日本郵船・曽我社長インタビュー<上>、事業の安定感高まる

  • X
  • facebook
  • LINE
 日本郵船は2023年度に当初の予想を上回る経常利益2613億円をあげた。前期は26年度までの4カ年の中期経営計画の初年度。曽我貴也社長は本紙インタビューで「中計は利益計画、投資計画、資本計画の3つから成るが、いずれも23年度の結果は中計で予定したラインの上にしっかりと乗っていると評価している」と手ごたえを示した。今年度は2500億円の経常利益予想。自動車船は長期契約の拡大により収益がさら...
  • カーゴ